平屋住宅を考える

1月 22nd, 2019

老若男女問わず暮らしやすい家というと
平屋住宅ではないでしょうか。

暮らしやすさを実感できるには、
住宅内の移動のしやすさや無駄な動きがないことです。
平屋住宅は住宅内の移動に階段を必要としません。
動線が短く、階段を上り下りする際に体に負担がかかってしまうのですが、
体に負担をかけることもないのです。

掃除の際も掃除機をかかえて
階段の上り下りをする必要もないため手間がかからないのです。

階段がないことで住まいの安全性も高まります。
住宅内の事故で多いのが階段での転倒や落下事故です。
階段のない平屋住宅はこれらの事故の心配がなくなり安全性がしっかりと確保できています。

また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。
上手に活用しないと住宅の不満となってでてきてしまうのです。
階段を設けない平屋住宅は、
デッドスペースを生むことがありませんし、
スペースを最大限に有効活用させることができます。
階段がないのでその分間取りをコンパクトにすることができますし、
収納を増やすこともできるのです。

ワンフロアなので、家で孤立する場所がなく、
家族が自然とリビングへと集まってきやすくもなります。
小さな子どものいる家庭では子どもの様子が把握しやすく安心できるでしょう。
家族のコミュニケーションも増えるのです。
また、明るさの確保や風通しの良さも得られるのです。

二階がある家は、
一階と二階で空気の循環がされづらいこともありますし、
壁やなどで明るさを遮ってしまいやすいのですが、
一体感のある空間造りをすることで明るさや風通しを確保でき、
明るさや風が住宅全体に行き渡るのです。

そして、二階建てに比べて高さが低いため、
構造的に強く、台風や地震の際にも危険性が少なくなります。

平屋住宅で希望の間取りを実現するには
ある程度の土地の広さが求められますが、
これをクリアすれば暮らしやすい最高の住まいを手に入れられそうですね。

Tags: ,
Posted in 住宅 | Comments (0)

Comments are closed.