Archive for 2月, 2016

ポカポカ浴室

2月 24th, 2016

昔はコンクリートにタイル張りの浴室で、冬は凍えるような寒さでした。現在のユニットバスは全体を断熱材でスッポリ覆う構造にすることができます。断熱材を壁、天井、床と浴室全体に張り巡らせば、魔法瓶のように熱の出入りを防ぐことが可能なのです。特に熱が逃げやすい窓の部分には特殊なガラスを採用して暖かさを逃さないようにするとより暖かさを維持できます。

特に冬は一番風呂が譲り合いのようになります。一番風呂でも浴室を暖かくすることでヒヤッとした冷たい印象を避けられるのです。そこで活躍するのが浴室換気暖房乾燥機です。これは浴室を洗濯物の乾燥に利用するだけでなく、浴室を暖める時にもちょうほうするのです。天井に取り付けるので見た目にも気になることはありません。入浴前に予備暖房機能を活用して一番風呂でもポカポカ温かな浴室にしましょう。

特に高齢者は、冬場ヒートショックに気を付けなければいけません。暖かいところから寒いところに入ると、急に血圧が高くなり、ショック症状を起こすのがヒートショックと呼ばれるものです。浴室を寒くしないことでこのヒートショックを防ぐことにも繋がるのです。浴室での高齢者の事故を防ぐためには温かい浴室を意識する必要があるのです。

大家族だと入浴時間がまちまちで、全員が入浴を終えるまでの浴槽のお湯が冷めてしまうということがありました。しかし浴槽全体を断熱材で覆い、お湯の温度を下がりにくくすることで温かいお湯を保つことができ、浴槽でゆっくりとくつろげます。断熱材が入ったふたを併用し、お湯の暖かさを維持できるようにしましょう。ポカポカ浴室は安全で快適な浴室となるのです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)