Archive for the ‘土地’ Category

~知っておこう土地の決まり事(2)~

1月 13th, 2013

 大分で不動産を探している友人が、家を建てるに当たって、色々な制限があると知らなかったみたいです。

 建物の高さについては、絶対高さ制限・北側斜線制限・道路斜線制限・隣地斜線制限の4つがあります。

 まず、絶対高さ制限ですが、第一・第二種低層住居専用地域では、建物の高さを10mまたは12mに制限されています。また、地方自治体で、高度地区を指定している場合もあります。

 次に、北側斜線制限ですが、隣地の日照や通風に影響の大きい北側部分の制限で、第一・第二種低層住居専用地域、第一・第二種中高層住居専用地域に制限されています。

 また、道路斜線制限は、道路の上空の開放感を保つため、道路の反対側の境界線までの距離に一定の数値を掛け合わせた高さ以内にするといった規制です。

最後に、隣地斜線制限ですが、隣地の上空の開放感を保つため、第一・第二種低層住居専用地域以外の用途地域で適用されます。

 このほかに、日影規制というのがあり、近隣に落す日影を制限した法律で、建物の高さに影響します。

 隣地境界関連として、民法では、隣地境界線近くに家を建てる場合、建物をその境界線から50㎝以上離すように定められています。万一違反があれば、隣家は、建築の中止や変更を要求することができます。

 また、境界線から1m以内の場所に、隣地が見渡せる窓やベランダを設けるときは、目隠しが必要です。また、雨が降り、雨水が隣地に直接流れ落ちるような屋根などをつくることができません。隣地境界線に塀などを設ける際の費用は、双方が等分に負担し、双方の所有物となります。

Tags: ,
Posted in 住宅, 土地 | Comments (0)

~知っておこうと地の決まり事(1)~  

12月 1st, 2012

この春、栄転となった同僚が、大分で不動産を探すことになり、そこで土地に関する色々な法規制があるのを知ったらしいです。

自分の土地であっても、好きな大きさの家を建てれるというわけではありません。法律によって様々な規制を受けます。その中心となるのが建築基準法で、その他に、都市計画法・消防法・民法などがかかわってきます。 

土地を購入して、プラニングにとりかかる前に、まず建設予定地にどれくらいの規模の建物が建てられるのかを把握することが大切です。 

とはいうものの、新築に関する法律は複雑ですので、建て主がすべてを理解するのは困難ですが、プランの基本となる床面積くらいは自分で確認できるようになって下さい。そこで、家の広さについてですが、これには建ぺい率と容積率があります。 

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合で、簡単にいうと建坪といわれるものです。ところで、建築面積ってなにと言われれば、それは、建物の外壁や柱の中心部で囲まれた水平投影部分ををさします。ただし、出寸法が1m 未満のひさしやバルコニ-、柱や壁のない外階段、出寸法が50㎝以下の出窓、地盤面からの高さが1m以下の地下室などは原則として含みません。 一方、容積率は、敷地面積に対して延床面積が占める役割をいいます。例えば、容積率が200%ならば、敷地面積の2倍の広さまでの延べ床面積の建物が建築可能となります。ところで、延べ床面積とは何かというと、各階の床面積を合計したものですが、奥行き2m以下の開放バルコニ-や出寸法が50㎝以下の出窓、一定面積以下の小屋裏収納、吹き抜けなどは含まれまれません。

また、延べ床面積の5分の1以下のガレ-ジや3分の1以下の地下室などは、容積率に含まなくてもよいということになっています。 建ぺい率と容積率は、「第一・第二種低層住居専用地域」「第一・第二種住居地域」などの各用途地域ごとに、都市計画法でその割合が定められています。

Tags: ,
Posted in 土地 | Comments (0)

賃貸アパート計画

3月 4th, 2011

私の実家は昔庄屋だったらしく家の近くに沢山の土地を所有しています。

最近は私の家の近くに大きな郊外型のショピングモールが出来たせいか住宅が増えてきました。

そんな中うちの父も所有している土地に不動産物件として賃貸アパートを建てようとしているようです。

母に聞くと結構賃貸アパートの営業マンが訪問してくるそうなので、営業マンのトークにのせられてその気になっているのかもしれません。

私も気になって色々調べてみましたが、賃貸マンションやアパートは色々な会社が手掛けているようです。

そして建物の構造も色々な種類がありました。ちなみに私が住んでいるアパートは木造系のアパートで某有名な●●建託のアパートです。

木造系のアパート(軸組や2×4工法)はよく見かける二階建てのオシャレな建物のアパートが多く2×4工法は耐振性が非常に強く地震に対して有効とされていますが、建築コストは非常に高く、例えば一般の工務店などが賃貸アパートを経営するために建築しようとすると金額が合わないようです。

そのため木造系のアパートは、大量注文が出来る誰でも知っているような大手有名メーカーでなければ建築コストがかかりすぎて建築できないようです。

この他にも軽量鉄骨造やALCコンクリート造、鉄筋コンクリート造の建物などがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので次回はそれぞれの建物のお話をしてみたいなと思います。

父の賃貸アパートの為にも勉強したいと思います。

Tags:
Posted in 土地 | Comments (0)

土地のこと

4月 23rd, 2010

こんばんは、最近仕事から帰ってすることといえば、友達にもらった、間取りをパソコンで簡単に描けるソフトでマイホーム設計しております。簡単に作れるんで設計士気取りですごく楽しいです。

あとはインターネットで情報集めをしたり、ネットの情報は結構為になるで、結構やっています。

そこで気になりだしたのが、土地のこと、住宅のことばかりに気をとられて・・・いったい僕は、どこに家を建てればいいんだろ、ネットの情報を見てると土地探しは結構大変走そうです。

どんな土地を選んだかで、建てる家やライフスタイルが変わってきますから、そう考えると今の住んでる場所から離れるのは、仕事や、買い物なんかにも影響がでるのであまり気が進みません、もう約7年住んで居ますから愛着もありますし出来ればこの近くで探したいと思っています。希望をいい出すとキリがないのかもしませんが、これだけは、絶対譲れないものをしっかり考えて土地を探していかないといつまで経っても決まらないかもしれません、時には直感も大事なのかも。でも大分の不動産の情報なんてまったくわかりませんが・・・

ことわさで、「住めば都(どんなに辺鄙な処でも、住み慣れると、都に住んでいるように快適なものになる。)」と言いますよね?最終的には、慣れればよい所に思えてくるかなとも思いすが、一生暮らしていく家になるのですから、よく考えて決めたいです。土地が見つからなければ、家のプランもまとまらないし、来週にでも、不動産屋に行ってみたいと思います。楽しみも増えますが、不安や疑問も増えるけど、よく考えて後悔しないように満足の行く家が出来たらいいなと思います。

Tags: ,
Posted in 土地 | Comments (0)