Archive for the ‘住宅建材’ Category

鉄筋

2月 19th, 2013

 私は携帯サイトで小説を書いている。小説であるから、当然風景も描写する。『右には鉄筋コンクリート造りのビルが建っていて』なんてセンテンスをよく使う。しかし実は、鉄筋コンクリートが何なのか、よくわかっていない。想像はつく。『鉄』という単語と『コンクリート』という単語が混じっているわけだから、恐らくその二つを組み合わせた建物なんだろうなと。しかし、詳細には知らない。もし間違っていたら恥ずかしい。そこで、調べてみることにした。
 鉄筋コンクリートとは、コンクリートを補強するため、鉄筋を配したコンクリートことを言う。鉄筋とは、建物の構造用材のひとつで、鋼材である、とあった。どうやら間違っていなかったようだと安堵した。コンクリートは、引っ張る力に弱いらしい。それを補強するのが鉄筋なのだ。確かに、よく剥がれたコンクリートなんかを目にするな、と私は思った。
 その鉄筋に、いくつか種類があることがわかった。コンクリートから抜けないようにするため、先っちょを釣り針のように曲げているのが当初からの工法らしいが、他にも、棒状の鋼材自体に、凹凸を配しているものがある。この凹凸をリブと呼ぶ。いまではこちらの方が、多く使われているようだ。他にもコイル状になったものなんかもある。これらを総称して、異形鉄筋と呼ぶ。
 表面に凹凸のない丸鋼よりも、こちらの異形鉄筋の方が、引っ張る力に対抗する力が強いようだ。縦に組み合わせものを縦筋、横に組み合わせたものを横筋。ちょっと読み間違えたらとんでもないことになりそうだ。
 その鉄筋をコンクリートに埋め合わせながら、建物を作ってゆく。さて、この鉄筋の接合方法であるが、まあ簡単に言えば、針金のようなもので巻く。ちょっとそれで大丈夫なの? と思ったが、なんのなんの、そのあとにしっかりと溶接するらしい。鉄を溶かして、接合するのだ。ネジを用いて接合する方法もあるらしいが。
 知ってそうで、実はよく知らない単語というはきっと多く存在する。今日は鉄筋コンクリートをしっかりと知った。これで胸を張ってこの言葉を使えるぞ、と思う私であった。

Tags: ,
Posted in 住宅, 住宅建材 | Comments (0)

建築に使う材料

2月 5th, 2011

先日親戚がが建てた熊本の住宅を今後の参考の為に見に行ってきました。

親戚の家は内部は全部が「漆喰」と言う塗り壁で仕上げられていました。

室内の仕上げと言うと、私の中ではビニールクロスが一般的に有名でしたのでかなりビックリしました。

和室などで一部塗り壁なのは見たことがあるのですが・・・漆喰はとても甘い良い匂いがしてなんて言うのかすごく空気が美味しいイメージがありました。

親戚の話を聞いていると漆喰を僕も使ってみたと思うようになりました。

また最近流行の珪藻土の話をしたのですがこの話にもビックリしてしまいました。

珪藻土は、ホルムアルデヒドの吸収作用などから最近健康的な体に優しい材料として漆喰同様に注目を集めています。

珪藻土は珪藻という植物性プランクトン(藻)の死骸が海底や湖底で、長年にわたり化石化し、それが堆積してしてできた粘土のような泥土だそうです。

この成分に体に悪影響はないといわれていますが、珪藻土は壁に塗る場合に可塑剤と言われる物を使用します。この物質は健康上は害のないものとされていますが、一部では珪藻土は体に害があるのでは?言われているそうです。これは建築学会から発表されたわけではないので一概には言えないそうですが・・・珪藻土って聞くととても体によさそうなイメージを持ってしまいがちですが、一概にそうとも言えないんだな・・・と思いひとつ勉強になりました。

自分の住宅に使うものはよく考えて使用していこうと思います。

Tags: ,
Posted in 住宅建材 | Comments (0)

建築材料の話し

1月 10th, 2011

皆さん明けましておめでとうございます。

私のブログも書き始めて一年を迎えることが出来ました。

マイホームを建てることは楽しみ半分不安半分だということがこの一年で痛感しましたが・・/

今年はマイホームの実現にむけてもっと精力的に動いていこうと思っています。

さて正月休み妻が風邪を引いてしまい家族で安静にしていましたが、インターネットなどで住宅のことを色々と見る時間が出来てとても興味深いブログを見つけて読みふけっていました。

実際に家を建てられてる方のブログで、興味を持ったのはキッチンやトイレなどの住宅機器をインターネットでご自分で購入されて工務店に取り付けてもらう方法をしていたのです。

自ら買うメリットなんなのかな~と思っていると、工務店などの住宅会社を通さずに購入することで、選べる幅が広がることと、メーカーからいくつもの問屋で利益を乗せながら自分のところに来る商品の値段を安く押さえることが出来るのだそうです。

なるほどと思い自分で材料を購入する「施主支給」と言うキーワードで検索してみると建材アウトレットのお店や、大量仕入れで価格を安く抑えたお店など沢山のインターネットのお店が検索に出てきました。

これだけのお店があるということは、施主自信が商品を購入し工務店に取り付けてもらうシステムが確立されているんだなーと思いました。

佐賀で住宅を建てることを考えている友人は少しでも費用を安くするために住宅設備を施主支給でできないか調べて回っているようです。

好きなものが選べて費用が押さえられるこのシステムをもっとよく調べてみようと思っていますので、またご報告したいと思います。

Tags:
Posted in 住宅建材 | Comments (0)