平屋住宅を考える

1月 22nd, 2019

老若男女問わず暮らしやすい家というと
平屋住宅ではないでしょうか。

暮らしやすさを実感できるには、
住宅内の移動のしやすさや無駄な動きがないことです。
平屋住宅は住宅内の移動に階段を必要としません。
動線が短く、階段を上り下りする際に体に負担がかかってしまうのですが、
体に負担をかけることもないのです。

掃除の際も掃除機をかかえて
階段の上り下りをする必要もないため手間がかからないのです。

階段がないことで住まいの安全性も高まります。
住宅内の事故で多いのが階段での転倒や落下事故です。
階段のない平屋住宅はこれらの事故の心配がなくなり安全性がしっかりと確保できています。

また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。
上手に活用しないと住宅の不満となってでてきてしまうのです。
階段を設けない平屋住宅は、
デッドスペースを生むことがありませんし、
スペースを最大限に有効活用させることができます。
階段がないのでその分間取りをコンパクトにすることができますし、
収納を増やすこともできるのです。

ワンフロアなので、家で孤立する場所がなく、
家族が自然とリビングへと集まってきやすくもなります。
小さな子どものいる家庭では子どもの様子が把握しやすく安心できるでしょう。
家族のコミュニケーションも増えるのです。
また、明るさの確保や風通しの良さも得られるのです。

二階がある家は、
一階と二階で空気の循環がされづらいこともありますし、
壁やなどで明るさを遮ってしまいやすいのですが、
一体感のある空間造りをすることで明るさや風通しを確保でき、
明るさや風が住宅全体に行き渡るのです。

そして、二階建てに比べて高さが低いため、
構造的に強く、台風や地震の際にも危険性が少なくなります。

平屋住宅で希望の間取りを実現するには
ある程度の土地の広さが求められますが、
これをクリアすれば暮らしやすい最高の住まいを手に入れられそうですね。

Tags: ,
Posted in 住宅 | Comments (0)

押入れの収納あれこれ

10月 23rd, 2018

★天袋
 使わないけれど捨てられない物・・・あまり見ない本、取っておきたい雑誌、捨てられないCD・DVD・ビデオなどを入れますが、時々中身をチェックして、捨てることも大切です。
 あまり使わない鞄・・・旅行カバンを奥に、小ぶりのバッグは箱に入れて手前に収納します。スーツケースは、押入れ下段に収納する方が良いでしょう。
 思い出の品・・・友人からの頂き物や捨てられない思い出の品、写真、アルバムなどは、思い出BOXにラベルを貼って収納します。
 季節・行事の物・・・ひな祭り、子供の日、クリスマス、お正月などの季節アイテムは、ひとまとめにしてラベルを貼って収納します。
 天袋に奥行きがある場合、ダンボール箱なら手前と奥に収納可能です。奥の箱にヒモを貼り付けておけば、手前と奥の両方の箱を取り出すことができます。

★引き出す
押し入れは奥行きが深いので、引き出す仕掛けをします。
上段に洋服を掛けるなら、スライド式の突っ張り棒を前後に突っ張り、引き出して取り出します。下段に入れる収納ケースは、トレーやプラスチックダンボールに乗せると、引き出せます。もちろんキャスターをつけても良いでしょう。

★棚板をプラス
押し入れの空間を十分に活用するには、棚板をプラスします。幅の調整ができる物、重ねられるものなどがあり、収納する物に合わせて、組み合わせて使えば、空間を効率的に使えます。

★ケースの使い方
深さのある引き出しの場合は、衣類はたたんで重ねるより、立てて収納した方が分かりやすいです。引き出しの中に仕切り用ボックスやブックスタンドなどで仕切りをいれると使いやすくなります。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

二つの玄関

9月 2nd, 2018

我が家の玄関は、お客様用玄関と家族用玄関と玄関の動線を二つに分けました。玄関の動線を二つに分けたことでお客様をまず迎え入れる玄関に靴や屋外で使用した物が散らかりにくく、美しい玄関を保ちやすくなるのです。

家族用の玄関はシューズクロークとしても利用します。L字型に可動オープン棚を設け家族の靴が大容量に収納できるのはもちろんのこと、屋外で使用するおもちゃや工具、アウトドア用品などもここの棚に整理することができています。収納する物に合わせて棚の高さを自由に調整できるのでデッドスペースを生むことなく効率よく物が収納できるだけでなく、ブーツや長靴など高さのある靴もストレスなく整理することができています。

また、土間収納スペースもしっかりと確保できているため三輪車やベビーカー、ゴルフバックなど大きさのあるものもスッポリと収められています。屋外で使用して汚れていてもサッと片づけられるスペースがあるのは助かります。子ども達が成長して部活道具などを一時置きするにも重宝しそうです。

収納力のあるシューズクロークに靴や物をきちんと収納できることに加え、そのままスムーズに室内へと入ることができる動線を確保したことで、お客様用のメインの玄関を美しく保ちやすくなっているのです。行き止まりのシューズクロークだと玄関とシューズクロークへの行き来の動線のスムーズさに欠けてしまい、つい靴や物を片付けるのを後回しにしてしまいがちです。収納力と動線に気をつけることと、シューズクローク側には臭いや湿気対策を行うことも美しい玄関を保つには忘れてはいけないことだと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

安心できる浴室

6月 20th, 2018

浴室は、家庭の中でも最も危険な場所の一つです。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室であるだけに、しっかりと安全面に確保しておく必要があります。そうすることで小さい子どもや足腰の弱った高齢者がいる家庭でも安心してバスタイムを楽しむことができるのです。

まず、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床であるかを確認しましょう。つるつるとしたタイルの床は、滑って転ぶと大きなケガをすることがあります。最近の浴室の床は、表面の凹凸を細かくすることで濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっています。

次に浴槽です。以前に多かった和式の浴槽は高さがあるだけでなく、床に置くタイプでした。そのため入浴する時に足を高く上げてまたがなければなりませんでした。最近の浴槽の形状は、浅型で寝そべりやすいように壁に傾斜や手すり部分をつけたり、体にフィットする曲線を使うなど、のんびりくつろぎながら入浴できる工夫が凝らされています。加えて、半分が床の下にある半埋め込み式になったことで、またぎ部分の高さが低くなり浴槽への出入りがスムーズになっています。

浴槽内では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いです。そのため入浴動作を考え、転びやすい姿勢のときにつかまりやすい位置につかまりやすい形状の手すりを設けて安全性をしっかりと確保しておくといいと思います。安心できる浴室にしてバスタイムをより楽しめるようにしておきましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

かしこい住宅ローンの組み方

5月 17th, 2018

住宅を購入した大部分の人が住宅ローンを組むことと思います。我が家も現在住宅ローンの返済を行っています。家造りを行った大部分の人が予算をオーバーしてしまったという失敗談を口にします。しかし、予算をオーバーしてしまうと住宅ローンの支払いに重くのしかかってしまうので気をつけておかなければなりません。

さて、住宅ローンを組むにあたり、ほとんどの人が「借りられる額はいくから」ということばかりを考えると思います。借りられる額が気になる場合、目安となるのが年収をベースにした借入限度額であり、総返済負担率を使って計算すれば簡単に知ることができるのです。しかし、住宅ローンを組む際に最も大切なことは、「借りられる額」ではなく、「実際に返せる額」を把握することなんです。

自分の借りられる額は、実際に返せる額とイコールだと考えなくてはいけません。「返せる額」を決める方法として一般的なのは、住宅ローンの年間負担率を多くても年間手取収入額の30%以内におさえることです。しかし、教育費などがかかる場合は25%以内が理想と言われています。

また、住宅ローンの金利と返済期間によっては、借りられる額も変動していくので注意が必要です。さらに、将来の不測に備え住宅ローンにはボーナス返済を組み入れない方がおススメです。自分は安定している!という人でも何があるかはわかりません。できるだけ頭金を多く入れることで借入総額を減らし、住宅ローンを組むということが将来をラクにするための賢い住宅ローンの組み方なのです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

建売住宅

4月 12th, 2018

住宅を購入する際に、注文住宅にしようか建売住宅にしようか迷う家庭も多いと思います。我が家は注文住宅だったのですが、自由度が高く、予算もこだわる部分はグレードを上げ、抑えるところはしっかりと予算を抑えた家造りが行え、予算においても無駄なないようにすることができました。

建売住宅にも建売住宅の魅力があります。まず、土地を探す手間がかからないということです。注文住宅で家を建てた我が家は、まず土地探しから始めました。しかし、なかなか自分達に合った土地が予算内で見つからず土地選びに多くの時間を費やしてしまったのです。土地を探す手間がかからないことと、建売住宅が多い分譲地においては、その分譲地全体が一つの街のようになっているケースもあります。学校や病院、スーパーや銀行などもあり生活する上でしっかりと環境が整えられているケースもあるだけに魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。

また、販売価格には土地の代金と建物の代金を合わせたもので最初から明確な金額が提示されているため予感化しやすいのです。また、建物が完成しているので実際の間取りをそのまま確認でき、設備やデザインなどにおいても事前にしっかりとチェックできます。加えて、日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるので判断材料がしっかりと揃います。規格化された住宅が多いため価格の安さも大きな特徴の一つです。注文住宅の場合、土地の仲介手数料など余計な費用がかかるため価格がアップしてしまうのです。注文住宅と建売住宅と自分に合った方を選択し、最高のマイホームを手に入れましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

バッグの色々な収納

2月 23rd, 2018

100均の収納ケース
子供がいる主婦は、大きなバッグを持つ事が多く、収納が大変です。ラウンドファスナーが付いた中身の見えるケースは、必要なバッグが取り出しやすく、埃もつきません。柔らかいバッグをいれます。また、長期間使わないものの収納にも便利で、クローゼットの上棚に入る大きさです。

クローゼット用収納ボックス
クローゼット上段にしまえる、しっかりしたバッグが入れられるボックスです。大きさも大小あり、深さも色々で、フタ付きもあります。ペーパー製や、固い紙芯に布貼りしたものがあります。
深さがあるボックスには、大きめのリュックやボストンバッグなど、頻繁には使わないようなバッグ類を入れ、大きめのボックスには、大きめのハンドバッグや折りたためるボストンバッグを入れ、小さいボックスには、エコバッグやサブバッグ、ポーチなどを入れます。幅側と奥側の両方に持ち手があるので、クローゼット上段でも取り出しやすいです。
旅行や出張などの準備の際、バッグや化粧用ポーチ、おみやげ用のエコバッグなどが1カ所でそろえられるのでとても効率的です。

バッグ収納の基本は、型崩れ防止
保管は日焼けしない場所にします。クローゼットの中に棚を作って並べると良いです。スチール製のラックは色々な大きさがあるので、サイズを測ってクローゼットの中に入れても良いです。
柔らかい素材のバッグは、型崩れしないように新聞紙をくしゃくしゃにしてバックの中に詰めてから、収納しましょう。買った時に袋が付いていたものは、型崩れ防止をした上で袋に入れて保存します。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

パントリー

1月 24th, 2018

キッチン横に設けられることが主流化しつつあるパントリー。このパントリーは今ではなくてはならない収納スペースの一つにもなっています。スペースに余裕のある家庭ではウォークインタイプのパントリーが設けられます。広々としたパントリーは、レトルト食品や乾物、お菓子にジュースなどの食品をはじめ、カセットコンロや土鍋、フードプロセッサーなどの調理器具やキッチン家電などをしっかりと収納しておくことができます。

ここを収納スペースとして利用するだけでなく、カウンターを造りつけてママが裁縫を行ったり、パソコンを使用したり、子ども達のスケジュールを管理したりするママのワークスペースとしても利用させることもできます。キッチンは家事の中心的空間です。そのキッチン横に作業が行えるスペースを設けておくことで、より家事を円滑に進めることができますし、家事や育児の合間にホッと安らげる空間にもなってくれます。

キッチンから見えない位置に設けられたママのスペースは、なかなかない自分の時間をゆったりとくつろぐことができますし、カウンター正面にマグネット壁紙を使用したり、ホワイトボードを設けて大事なプリントやメモを掲示しておくこともできます。これらがリビングからは目に入らないので生活感も与えません。

そして、外に繋がる勝手口も設けておきます。勝手口の外にはゴミ箱を並べて室内にゴミを溜めないようにしておきます。ゴミをサッと捨てることができるので不便さを感じることもありませんし、買い物からの帰宅時はこのパントリーに荷物は搬入すれば食材の整理もしやすくなります。便利なパントリーを設けて家事をアシストしたいものですね。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

廊下のない家

12月 19th, 2017

今までは廊下が当たり前のように設けられていました。廊下を設けることで空間が細分化されます。しかし、最近の住宅のトレンドは、視界を遮る間仕切りはできるだけ設けず空間の繋がりを大事にして、家族がどこに居ても互いの気配を身近に感じられ、コミュニケーションの取りやすい住まいを希望する人が多いのです。そこで当たり前のように設けられていた廊下がデッドスペースとして考えられるようになってきているのです。

廊下がないことで家の中の空間を最大限に有効活用できるため広さを感じやすくなるのです。廊下になるスペースを無くした分を、他の部屋を広く利用することができるのです。家の中の視界が繋がることで広さや開放感が得られるだけでなく、明るさの確保や風通しの良さも得られるのです。

我が家の新居も廊下がありません。そのため一体感のあるLDK部分を居住スペースとしても各部屋へ行き来する動線としても利用するようになります。行き来をよくする動線部分にはソファなどを設置しないようにしておきましょう。リビングでくつろいでいる人の横や前をいつも人が行き来をするとゆったりとくつろぎにくく、邪魔とさえ感じてしまうのです。移動しやすいスペースを確保しながら間取りを決めましょう。

二階も二階ホールを中心に各部屋へ行き来をするため廊下が設けられていません。廊下がない分、ホール部分や寝室、子ども部屋を広々と確保することができています。ホール部分には壁面収納を設けてファミリーライブラリーのような空間を設けることができています。廊下の必要性をしっかりと考え、いかに空間を有効活用できるかを考えた家造りを行いましょう。

Tags: ,
Posted in 住宅 | Comments (0)

シリアルの保存

10月 15th, 2017

あなたは朝食を家で食べますか?それとも会社近くのコンビニやカフェで買った朝食と一緒に出勤しますか?どちらにしても、朝食抜きが当たり前な暮らしをしていると、やがて体内リズムが乱れてきます。朝起きて洗顔、着替え、メイクと忙しい時間の流れの中で、家で朝食をとる場合に、準備、片付けに手間取らない方法の一つに、シリアルがあります。

シリアルは器とスプーンとミルクがあれば立派な朝食になります。ハチミツやメープルシロップで甘みを加えてもよいし、ミルクが苦手ならコーンスープ、ジュース、豆乳、ヨーグルトなどを使うなど、お好み次第です。液体に浸したくないなら、そのままでも食べられます。近ごろは、腸内環境やお肌のことも考えて、食物繊維やビタミン、ミネラルの豊富な全粒穀物のシリアルも好まれているようです。

保存容器
開封したシリアルを1回で食べきってしまう家庭は少ないです。残ってしまうシリアルを明日のために良い状態で保存するには、湿気に注意しましょう。シリアルの保存容器は、中身が透けて見えるガラス製がよいです。玄米やオールブランなど数種類をブレンドするなら容器を使い分け、ドライフルーツ用も揃えておくと食卓が賑やかになります。積みかさねられる容器なら、省スペースです。

明日の朝の朝食のために、シリアル容器を前夜のうちに食卓へ並べて、さらにシリアルボウルとスプーンをのせたトレイを脇に置きます。
朝食習慣に慣れてきたら、バナナを加えたりヨーグルトを添えたりして、プチバイキングのようになったら大成功です。満足度が高い朝食を摂ってその日のストレスに打ち勝ち、朝食の準備はスピーディに、お出掛けはスムーズにしましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)